とにかく始めるんだ

毎日、気づいたことをメインに記事にしてるんだけど
今日はアニメ「どろろ」をみてて
ぐっとくるセリフがあったのでシェアしつつ

最後に何かを始めるためにモチベーションがあがる言葉
綴ってみました*

アニメ「どろろ」のストーリーが面白い

どろろって知ってる?
手塚治の有名な作品なんだけど。


あらすじは、

ある寺のお堂で天下取りのために、自分の子いけにえとして捧げると誓った男がいた。その後、誕生した赤ん坊は身体の48箇所を欠損(無い)状態で生まれ、母親と引き離されて化け物としてそのまま川に捨てられてしまう。しかし、その子は拾われて魔物を倒すまで成長した。

彼は奪われた身体を取り返すために魔物を倒していく、、、

ウィキペディアより

みたいな話。



色々響いたセリフはあったのですが
響いたものを厳選してお伝えできたらなと。

欲しいものは掴み取れ

いけにえになった主人公。
自分の体を取り戻すために自分の家族とも戦うことに。

必死になって前に進む主人公を目にして、
主人公の母と親友は自分達の行動を見直した。

その時のセリフ、


自らの手で掴まなかったものは守ることもまたできない
何かに頼って口出ししてるだけではなく、掴みとらないと。

守りたいもの、ほしいものがあるなら
自分の手で地面はいつくばってでも手に入れることだ。

欲しいもののために
本気で戦う主人公にも心を打たれました。

力を求めすぎても力が無さすぎても人ではない


このアニメではお坊さんみたいなキャラが出てくるのですが
その人のセリフ、

力を求めていきつく先は修羅、鬼神。
だからといって
力を持たず、争わず、情けの道を行けば
どちらに振り切れても人じゃなくなってしまう

人はそのはざまで生きていくものだ

現実世界でもそうだけど
権力とかお金とか知名度とか美しさとか
人の欲って溢れてて

でもそれって度が過ぎると人間から遠ざかってしまう。
そして元に戻るのは難しい・・・

逆に、欲がなく力も何も無いと
守りたいものも守れなかったり人間味がなくなってしまう


人間として生きていくにはちょうどいいあんばいが必要で
生きている限りいつまでも悩みはうまれてくる
そういうものなんだろうなって。

人として生まれたなら
これは全ての人間がもっている宿命なんだろうね。

とにかく始めるんだ

そんな中でも
唯一、人としての自分を保つ方法が。
それがこちら。

力ではなく心持ちだ
自分たちは自分たちで守る

とにかく始めるんだ

いいセリフ。
力よりも大切なのは心。間違いないなあ


心持ち、物事の見方さえ変われば
人間関係も仕事も、悩み事も世界のあれこれも
見え方がかわる。


そして私たちは、
とにかく始めるんだ。


私たちは今日からまたリスタートしよう。
まだ遅くは無い。

最後に:今日と明日はスタートするのに最適な日

2月3日、節分は

「一粒万倍日」(いちりゅうまんばいび)という特別な日になります。
この日は
一粒のモミが万倍にも実る稲穂になる

新しいことを始めるのに最適な日なんです。

そして

2月4日は、立春です。

「立春」とは
冬の終わりを告げ春の始まりを意味しており、春の気配が立ち始める
という意味があるらしい。

この二日間はこんなことをしてみてはどうでしょう??

・新しいものを買ってみる
・やってみたかったことを挑戦してみる
・連絡取ってみたい人におもいきって連絡してみる
・行ったことないところにいってみる
・時間気にせず好きなことをしてみる
・整理、掃除、家事をしてみる
・先取りする行動をしてみる

やってみたいことをやってみよう。


あなたの人生がより豊かになりますように。

この記事を今すぐシェアする


ジャグアートの全てを解説した「Jagua Art Bible」を配布中

 

・ジャグアアートとタトゥーの5つの違い
・ジャグアアートの6つの魅力
・ジャグアアートを自分でする方法と注意点
・ジャグアアートのおすすめ・人気部位とは
・ジャグアアートのデザインモデル7選
・ジャグアアートを仕事にしたい人向け!スクールについて

ジャグアートサロン「Zelo jaguaartsalon」のLINE@に登録された方限定で、ジャグアアートの全てを凝縮した「Jagua Art Bible」を無料配布しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です