みんながネイリストを辞めたい理由とセンスを活かせる転職先5選

「ネイリストの仕事がつらくて辞めてしまいたい」と悩んでいる方に向けてこの記事を書きました。

華やかなイメージと裏腹の長時間労働。疲れていてもネイルアートを失敗するわけにはいかず、常に気を張らないといけないネイリストは大変ですよね。
つらいのに、辞めた後のことが心配で続けざるを得ない人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ネイリストの方が仕事をやめたくなる理由や、辞めた後の転職先について解説しています。今の仕事をやめるかどうか悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

ネイリストを辞めたくなる4つの理由

ネイリストの仕事を辞めたくなる理由は、主に4つにわかれます。

  1. 人間関係が悪い
  2. 身体に負担がかかる
  3. 勤務形態が悪い
  4. 接客が苦手

今、つらい理由がここに当てはまっている方も多いのではないでしょうか?順番に詳細に触れていきます。

【ネイリストの辞めたい理由1】人間関係が悪い

ネイルサロンは女性の多い職場。ドロドロした人間関係がいやになってしまう方も多いです。先輩・後輩関係が厳しいところもありますよね。

お客さんの奪い合いや派閥に巻き込まれると、仕事以外の疲れが溜まってきます。人間関係に疲れはててしまうと、ネイリストの仕事自体は好きでも辞めたくなってしまいます。

【ネイリストの辞めたい理由2】身体に負担がかかる

ネイリストは小さな爪に細かいアートを施すので、身体に負担がかかります。

座りっぱなしで肩や腰が痛くなるうえに、目の負担も大きいもの。ずっと細かい作業を繰り返す過酷な作業に耐えられず、辞めたくなってしまう人もいます。

【ネイリストの辞めたい理由3】勤務形態が悪い

長時間労働や、休憩のできない環境で疲弊してしまうのも、辞めたい理由にあげられます。お客様がたくさんいるときは、休憩も取りづらいですよね。混み合っていて休めないまま施術を続けるのはつらいものです。

また、少人数のサロンでは長期休暇が取れないところも。先輩優先でシフトを組んでいて、自分は全然休めないという状況が続くとしんどくなってしまいます。

【ネイリストの辞めたい理由4】接客が苦手

ネイルの施術中はずっと、お客様と一緒にいなければいけません。1時間以上の間、お客様と一緒にいるのが苦痛という方もいます。

ハンドネイル中は特に、顔と顔が向き合った状態になります。短い時間なら社交辞令の話もできますが、長くなってくるとしんどいと感じる方もいるでしょう。

技術で勝負できると思ってネイリストになったら、接客でつまづいてしまったというのもよくある理由です。

ネイリストを辞めたいときの対処法

今のネイルサロンに勤めるのは限界、という場合の選択肢は2つです。

  • サロンを変える
  • 他業種に転職する

それぞれ具体的に説明します。

【対処法1】サロンを変える

ネイリストの仕事自体は大好きだけれども、職場環境だけが不満という場合は、サロンを変えるのが良いでしょう。

労働環境がよいサロンに勤めている知人がいれば、紹介してもらえないか聞いてみるのもおすすめです。チャンスを逃さないためにも、仲の良い友人には仕事を探していることを伝えておくのがよいですね。

自分で探す場合は、面接時に就業規則をしっかり確認してください。それだけですべてがわかるわけではありませんが、質問を明らかに濁される場合はブラックな場合が多いです。

【対処法2】他業種に転職する

身体への負担や、ネイリストの仕事そのものが嫌になってしまった場合は、他業種への転職をおすすめします。

ネイリスト以外にも、美容に関わる仕事はたくさんあります。お客様をきれいにしたいという気持ちが変わっていなければ、美容関係のキャリアを広く検討してもよいでしょう。

また、ネイリストならではのセンスを活かせる仕事もあります。

この次の章で、ネイリストからの転職におすすめの仕事を具体的に紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

ネイリストからの転職におすすめの仕事

ネイリストからの他業種の転職先は、一般事務が多いです。しかし、ネイリストで磨いたデザインセンスや知識は活かしたいと考える方もいるでしょう。

そこで、ネイリストの経験を活かせるおすすめの仕事を5つ紹介します。

  1. ジャグアの施術者
  2. ネイルの講師業
  3. ネイル用品メーカーの営業職
  4. アパレル店員
  5. Webデザイナー

それぞれ詳細を説明していきます。

【ネイリストからの転職先1】ジャグアアートの施術者

ネイリストのデザインセンスと器用さを活かしたいという方には、ジャグアアートの施術者をおすすめします。

ジャグアアートとは、肌を傷つけず、時間がたつと消えるタトゥーのこと。ファッション感覚で手軽にデザインをいれて、おしゃれを楽しむことができます。

ネイリストのようにお客様をデザインの力でキレイにするのが仕事です。施術にでお客様が喜ぶ姿をみるのが幸せだったという方には、ピッタリではないでしょうか。

ジャグアアートをもっとよく知りたい方に向けて、全てを凝縮した「Jagua Art Bible」を無料配布しています!
ジャグアートサロン「Zelo jaguaartsalon」のLINE@に登録された方限定なので、気になる方はぜひ登録してみてください!

1.5万字超のジャグアアートバイブルを無料配布中

【ネイリストからの転職先2】ネイルの講師業

ネイルの技術に自信があるならば、専門学校で講師をするというのも選択肢の一つです。ネイリストの仕事には関わりたいけれども、現場や接客が苦手という方にはぴったりでしょう。

ただし、講師業は人気があるので技術力勝負です。また、ほとんどのスクールは、JNA認定講師資格を持っていないと応募できません。

JNA認定講師は合格率30%程度の難関資格であるため、事前にしっかり技術と知識を身に着けて、準備をすすめる必要があります。

【ネイリストからの転職先3】ネイル用品メーカーの営業職

ネイル関係の商品を扱うメーカーの営業職は、ネイリスト時代の知識が存分に生かせる仕事です。商品の特徴や使用感をわかりやすく伝えられるのは、元ネイリストならではの強みになります。

ネイルの仕事は好きだけれども、細かい作業で肉体的に限界が来てしまった方に向いています。最新商品を扱えるので、ネイルアートが好きならばきっと楽しめるでしょう。

【ネイリストからの転職先4】アパレル店員

ネイリストからアパレル店員に転職している人もいます。

「ネイル関係の仕事や施術からは離れたいけど、接客は好きでセンスも活かしたい」という希望がある方ならば、きっとやりがいを感じられるでしょう。

実は、アパレル店員からネイリストへの転職も多いので、相性の良い転職先です。流行に敏感で、センスを活かしたい方におすすめします。

【ネイリストからの転職先5】Webデザイナー

ネイリストからの転職先としてWebデザイナーを選ぶ方も。人間関係や接客が苦手な方でも、デザインセンスを活かして働くことができます。

Webデザインにははオシャレさだけではなく、わかりやすさや使いやすさも求められるため、一から勉強は必要です。しかし、比較的フリーで働きやすい仕事であるので、もともとネイルサロンで独立したかった人には合うかもしれません。

ネイリストを辞めても大丈夫な理由

今の仕事を手放したら、もう仕事が見つからないのではないかという不安を持つもいるかもしれません。しかし、実際は辞めても大丈夫。

この理由は2つあります。

  1. 50%以上の人が転職する時代
  2. 仕事を辞めてもすぐお金に困らない

それぞれ詳しく解説するので、不安からやめられないという方は参考にしてくださいね。

1. 50%以上の人が転職する時代

実は今、社会人の半分以上は転職経験者。DODAの調査結果によれば、52.5%が転職したことがあるそうです。販売・サービス系の転職経験者はさらに多く、59.0%にものぼります。

このように、半分以上の人が転職している時代なので、仕事を辞めるのは珍しいことではありません。

一つの職場で長く働き続けるほうがいい、という価値観はすでに昔の話。今のサロンを辞めたからといって、悪いことをしているわけではないのです。

2. 仕事を辞めてもすぐお金に困らない

「仕事をやめた後に転職先が見つからず、お金が尽きたらどうしよう」という不安をもつ方もいるでしょう。しかし、1年以上同じサロンで勤めていれば、国から失業保険をもらうことができます。

金額は直近の給料によって変わりますが、月給の50〜80%が目安です。給付期間は90日間あります。

当面の生活費にはなるので、辞めてすぐ露頭に迷うことはありません。もちろんお金の準備があった方が良いですが、必要以上に心配しなくても大丈夫です。

ネイリストを辞めたいあなたへ

ネイリストを辞めるか悩んでいる方に向けて、理由や転職先をお伝えしてきました。

サロンへの不満がある方は、新しい職場を探してみても良いでしょう。ネイリストの仕事自体がつらい場合は、キャリアを考え直すチャンスです。

ネイリストで実現したかったことを叶える仕事は、ほかにもあるかもしれません。もし心身が限界ならば、自分の負担が小さくなる選択肢を検討してみても良いでしょう。

今は転職が普通になってきて、辞めた後の保証も受けられる時代です。もし仕事が本当に合わないと感じるならば、やりがいを感じられる新しい道を探してみることをおすすめします。

この記事を今すぐシェアする


ジャグアートの全てを解説した「Jagua Art Bible」を配布中

 

・ジャグアアートとタトゥーの5つの違い
・ジャグアアートの6つの魅力
・ジャグアアートを自分でする方法と注意点
・ジャグアアートのおすすめ・人気部位とは
・ジャグアアートのデザインモデル7選
・ジャグアアートを仕事にしたい人向け!スクールについて

ジャグアートサロン「Zelo jaguaartsalon」のLINE@に登録された方限定で、ジャグアアートの全てを凝縮した「Jagua Art Bible」を無料配布しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です