靴擦れ女子、本当は今すぐにでも。

女子は2パターンに分けられる。



困った時に、
「できない、わからない、たすけて〜」系女子と
「大丈夫、気にしないで、いけるから」系女子の2パターン。



うまーく使い分けられる人もいれば
タイミングを間違っちゃう人もいる。
このあんばいは難しい。


特に、その物事に本気になればなるほど
肝心なところで選択ミスをしたりする。


そんなやさぐれは大体人か仕事か物に当たる傾向にある
無理やり誰かと一緒にしようとしてみたり


特にしなくていい仕事に無駄に没頭してみたり
寝ずに夜通し映画を見てみたり。


女子は複雑にみえて単純だ。


元気じゃないのに元気なふりをするし
強くないのに強がったりするし
大丈夫じゃないのに大丈夫っていったりする。


女子の強がりは嘘つきだ。



一人になるとよわっちい自分がそこから動こうとしない
子供が嫌がって地団駄を踏むかのように。



少し痛む何かを隠そうと
気づかないでおこうとしたりする


まるで靴擦れを「なんてことないよ」っていう女子みたいに。
ほんとは今すぐにでも脱ぎ散らかして裸足になりたいのにさ。



そんな世の女子を、
私は「靴擦れ女子」と名付けた。


靴擦れは「努力の勲章」っていうけれど、
強がる弱虫の象徴でもある。



ヒールを履けば近づけると錯覚したりするけれど
結局は等身大の自分に気づかされる


新しい靴は痛みとセットで
新しいヒールは本来の自分を気づかせてくれる


そろそろヒールをやめて、
パンプスに変えようかな。

この記事を今すぐシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です