家なし生活を2ヶ月してみて

どうもなっちゃんです〜25歳の誕生日を迎えました。


19歳から自分で仕事をはじめて
振り返ればこの頃も家がなかったんだよね


でもこの5、6年で変わったことと言えば
自分がその現状を
「好きで選択しているか」だと思う。



当時の私は家がないこと、お金がないことが
ものすごくコンプレックスで
すぐにでもお金持ちになって裕福な生活をしたかった。


それなりの生活ができるようになって
広くて綺麗な家にも住めるようになって
家賃なんて昔の3倍のところに住めるようになって。


でも、なぜか1年くらい経つと
その家に飽きちゃったり帰らなくなったり。


で、ふと気づいた。


私、特定の場所がなくても生きていけるし
むしろその生活を楽しんでるってことに。


「家ないんですよ〜」
っていうと、大抵の場合は
「そろそろ落ち着いたらいいのに・・・」とか
「拠点を作ってそこにいつづけるのって大事だよ・・・」とか


言われる事がおおい。


でも、それってその人が思う大事で好きな選択であって
私にはできなかったから。


こういう生き方もいいんじゃないかなあっていう提案。


この生活をしていていいなって思うのは



・会いたい人に会いたい時に会いにいける
・誰かの家に泊まると人間関係性ができやすい
・家賃がかからない



っていうメリットがある。


でも、人によっては
ずっと人といるのはしんどいとか
自分のベットじゃないとねれないとか
そういうのがあるから



これもまた人のライフスタイルや性格によって変わると思うんだよね


私は旅をしたり
ふらふらでかけたりするのが趣味だから
ずっと同じところにいると鬱っぽくなるの。笑


何が好きで何が一番自分に合うか
考えてライフスタイルを作ってみてもいいかも。

この記事を今すぐシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です