安定の就職をするか、好きな事にチャレンジするか

ジャグアのプロ、natsumiです。

今回、ツイッターで質問を募集したところ良い質問が沢山きました。
その中から「安定で就職するか、好きなことチャレンジするか」について私なりの意見をしようかとおもいます。

安定で就職するか、好きなことチャレンジするか

このような質問がきました。

子供の頃からなりたいと思っていた事に今までの人生を捧げてきたことがまずすごい。笑
私の夢は昔からころころ変わってることが多かったから、
1つのことに捧げるっていうのがなかったんですよね。

ちなみに保育園のときの文集には、
将来の夢:キティちゃん
でしたw

本題に参りましょう。
「今までなりたいことと違うやりたいことが見つかった場合どうするか」
ですよね。

私は両方したらいいんじゃないかな〜って思います。
最近は副業解禁されているところも多いですし、パラレルワークも流行ってきています。

固定概念で、夢は1つしかもってはいけない!
って思ってるかもしれないですが全然そんなことないんです。
やりたいことは沢山あっていい。

ただ、気になるのは、
子供の頃からなりたい職業=夢に直結してしまっているところですね。

そもそも、
職業=夢は違うんですよね。
職業は夢を叶えるツールにしか過ぎなくて、
どちらかというと、
「どうなりたいか」
「どんな人生を歩みたいか」
が重要な決断ポイントになると思います。

なので、この方の場合は
自分が天職だと思うならやってみて、
同時平行でチャレンジしてみてもいいのかなって思います。

安定した人生を歩みたいなら就職だし、
チャレンジ続きの人生を歩みたいなら新しいことをすればいい。

社会にでれば正解はないんですよ。

1+1が2だった学生生活から1+1は10とか0とかそんな世界に入るんです。
なので、先生の言う事が全てでもないし、
親の言う事が確実でもない。

全てのことをこれからは自分が考えて自分が選択していくんですね。

本当にしたいと思う事に全力になるのがベストです^^

就職は安定でチャレンジは先が見えないのは間違い!

さきほどまで、安定したいなら就職っていってましたが、
実は就職=安定っていう概念すら、
時代の流れとともになくなってきています。

自分が会社をしていて思うのは、
どれだけ頑張っても潰れるところは潰れるし
雇用しきれないところはしきれないんですよね。

だから、今の時代にあわせるなら、
会社に自分の人生を預けるのでなく、
自分が社会や会社のためにできる事をどれだけ増やせるかなんですよね。

それがチャレンジと呼ぶならチャレンジですが、
先の見えるチャレンジは沢山あります。

なんなら、私の場合はやみくもにチャレンジしているわけでもないですし
それなりの戦略や計画があった上でチャレンジしています。

どちらの選択にしても、
まずは自分のマインドを変えるところがスタートかもしれませんね!
まだ大学生なら時間はたっぷりある!
いっぱい悩んで考えよう!

どうしてチャレンジが怖いのか

挑戦すること、新しい事をするときって怖いですよね。
その感覚はわかります。

本当に成功するかわからないし、
全てを捨ててまでチャレンジしてその対価を得られるのか・・・不安ですよね。

「どうしてチャレンジが怖いのか」

それは、
今まで積み重ねてきたものを崩すのが怖いからなんですよね。

チャレンジしたい!って思ってる時点でやる気はある。
新しい一歩が怖いというよりかは、
過去の頑張りが消えることに対しての恐怖ですよね。

私の対処法は「失うものはこの世にない」って洗脳させることを習慣にしています。
世の中にはものが溢れ過ぎている。

そのせいで、形にないものさえもモノだと思い込んで
いっぱい背負ってる気分になるんですよ。

いっぱい持ってる、モノ持ちさんが増え過ぎているんですよね。
それが結果失っちゃうから一歩を踏み出せないに変わるんです。

「失うものがないならどうやって自分の価値を高めるのか」

それは、愛や信頼、知識、思いの部分かなと私は思います。

物質的なものがなくても
信頼があれば誰かが助けてくれるし
知識があれば自分で解決できる
愛があればなにもなくても好かれるし
思いがあれば誰かが形にしてくれる。

それを信じることができれば、
お金がなくなっても家がなくなっても、選択を間違っても
なんとかなるんです。

チャレンジすることに躊躇しない。
死ぬこと以外はかすり傷だってことは、
オーストラリアで知らない人に山の中へ捨てられた時と
その次の日にバンジージャンプをした時に思いました。w

失いたくない!って思ってるうちは、
チャレンジも新しい世界へもいけないんじゃないかな。

私もまだまだチャレンジしていきます!!
質問ありがとうございます^^

この記事を今すぐシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です