自分に自信が持てるようになるには「見栄を捨てる」

私は今まで自分自身を探求しては
落ち込んで
なんとなく気分がすぐれなくなって
人と比べてあ〜まだまだだな〜とか
追われてもいないのに焦りとか
近しい存在の人の良いニュースをみては
心がざわざわしていました。

これってすごくしんどいんですよ。

今回は自分に自信を持てるようになる方法を伝授します。

自分に自信が持てない原因1、無意識に人と比べている

自分軸じゃなく、
他人軸で自分が動いてると
周りの人に自分のモチベーションを左右されちゃうんですよね。

だからって、
うまくいっていない人と群れたいわけじゃないし
自分だってあの人のようにキラキラしていたい。

毎日楽しそうなあの人みたいになりたいって。
綺麗な願望とセットで濁った嫉妬が心の中を占めている。

あーしんどい。
この現状とこのもやもやした心が自分の足を引っ張っちゃう。

人と比べているといつまでも自信はつきません。

自分に自信が持てない原因1、見栄をはる

見栄をはることになれると
あとから後悔と違和感に襲われる

自分はそんなにすごくないのに
ちょっとしたことを自慢げに言ってしまったり、
相手に対抗してその人よりオーバーなことを言ってみたり。

これをすると相手の自分に対する期待値があがってしまって
失敗したときなんとも言えない感情に襲われるんですよね。

見栄を張ることで自信がまたなくなる。

最近仕事がうまくいって忙しそうにしてる人から
「最近どう?」
ってきかれると
「あーうん、順調!」

そんなに順調ってほどでもないのに。
あの小さな見栄はなんなんだ・・・って自分に問い詰める。

これって自分の生き方に自信を持てていない証拠なんですよね。

自分に自信が欲しい人へ

どんな自分でもいい。
偽ることだけはやめよう。

見栄をはることもやめよう。
うまくいってないなら
全然うまくいってないんだよねーって言っちゃおう

頑張れてないなら
相手の反応を気にせずやる気でないんですよ〜って言っちゃおう

働きたくないなら
私働くの好きじゃないからひきこもってます〜って言っちゃおう

やらなきゃいけないときに
漫画・映画・昼寝に手を出してしまう人(私)もいます
だから勇気をだして自分をさらけだそう

所詮、みんな自分のことしか興味ないんですよ
聞いたところで
自分には何も関係ないから。

最近思うんです。

向かっている方向は人とは違う。
自分の向かっている方向さえ見失わなければ大丈夫。

あなたはあなたにしかなれない。
大抵のひとは、自分とは違う誰かになりたがるけれど
一生なれることはない。
結局誰かのようになることは偽りになる。

ありのままの自分を受け入れてあげよう

そう言い聞かせてます。

そしてもう一つ。

そうやって悩んでる人の方がなんだかんだうまくいく。
自分自身と対話している時間が長い人の方が
なんだかんだうまくいくんです。

だから責めないで。
自分を大事にしてあげて。

本当のあなたは誰よりも輝かしいんだから。

この記事を今すぐシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です