バイトからフリーランス、社長になるためにやった10のこと

こんにちは、当時ホームレスも経験したnatsumi(@jaguaartsalon)です。w
今日は当時20歳だった私がその後3年で会社を立ち上げるためにした10のことを深堀していきます。

プロフィール

まずは簡単なプロフィール。
1994年生まれ、和歌山県出身。
京都外国語大学に入学、
19歳でジャグアアートに出会い、大学に通いながら独学でジャグアアートを研究·習得。大学卒業後、2017年10月に日本ジャグアアート協会設立。
協会の代表兼理事を担当し、認定講師を行う。
次の年2018年に、株式会社N.designを設立。
代表取締役としてジャグアアートサロンを経営する、
23歳の女性起業家。
>>もっと詳しく

ざっとこんなかんじ。
ジャグアアートっていうのはオーガニックフルーツを使用したボディーアートのことです。
私は、19歳で大学の先輩に「ヘナタトゥー」やってみたら?
その一言で人生が180度変わり、今あります。 

バイトからフリーランスなろうと思ったきっかけ

高校生

昔から絵を描くのが好きでよく友達に似顔絵をプレゼントしたり、
誕生日用のアルバムを作ったり、人のために絵を描くことが好きでした。

「絵をかくことを仕事にできたらいいな〜」
ふわっとそんなことを思いながら、何かの社長になるという夢はずっとありました。
当時高校生の私は経営なんてさっぱりだったので、
高校卒業後の進路は美術大学やデザイン学校で悩んでいました。

でも、親に相談した時に言われました。
「絵で生きることは難しい。」
「絵で食っていけるのは一握りの人だけ。」

私は、「あ、そうなんだ。絵で生きることは私には無理なことなんだ。」
その親からの一言で一瞬で諦めました。
当時の私は何をしたいのかなんてわからなくて。

親や先生の言葉が全てでした。

結局、「これからは外国語を喋れると将来使えるよ。」
そう言われて京都外国語大学に進学します。
(高校2年生でアメリカのシアトルにホームステイをしたのですが、喋れなかった苦い思い出を克服するためにもいいかな、とも思ってこの大学に決めました。)

大学生

大学生になった私は初めて挫折を味わいます。
高校ではそれなりに成績も優秀だったのですが、大学に行ったことで自分のレベルの低さを身にしみて痛感し、初めて逃げだしたいと思いました。

きっとこのままじゃ、いい就職先もつけない。
そう思うと私は将来が心配で心配で。
死ぬほど勉強したのですが思うようにいかず、苛立ち、よく泣いていました。

そんなときにいろんな本を読み漁っていると、
「得意なこと、好きなことを仕事にすればうまくいく。」
そんな言葉がどの本にも書いてありました。

私はバイトをしながら自分のしたいことを見つけるために大学を休学することを決めます。

それからはいろんなことに挑戦しては辞めて、飽きちゃうみたいなルーティーンでした。
一つのことを続けることができないこの性格が嫌で何度も自分を責めました。

そんな時、大学の先輩に「ヘナタトゥー」やってみたら?
という一言で人生が加速します。

ヘナは肌にデザインすることで総称ヘナタトゥー/ヘナアート/メヘンディーと呼びます。
ヘナタトゥーとは、一般的なタトゥーや入れ墨とは別物で肌を傷つけない消えるタトゥー(ボディーアート)です。
肌の表皮を一時的に染色する手法なので痛みもなく約2週間ほどで消えます。
(肌の再生には個人差がありますので1〜3週間で消える人もいます)
肌に染まった時の色はオレンジ色〜赤褐色になります。>>もっと詳しく

当時なんでも挑戦していた私は人に勧められたものを素直に全て受け入れていました。
それを友達にやってあげながら他のことも同時進行する、そんな日々でした。

でも、実はこの時(19歳)でお金が尽きてしまい、
家の家賃も滞納してホームレスになりました。
それから半年間は家なしでキャリーバックだけで過ごしていました。

そんな時、ジャグアアートというものにも出会い、ボディーアートの奥深さに惹き寄せられていきます。

バイトからフリーランス、社長になるためにやった10のこと

1、無謀な挑戦に覚悟を決めた

中途半端な自分に終止符を打ちたい。
人生をかけて成し遂げるものに出会いたい。
そう思いながらもなお、いろんなことに挑戦しては満足して続かない私がいました。しかし、20歳になって、ある日気づきました。
「人生をかけて成し遂げるものってもしかしたら既に出会ってるんじゃないか。」
運命の仕事に出会うにはそれが運命の仕事だって信じることと
覚悟をすることだとその時に思いました。
それからは自分の人生をかけてジャグアアートを極めています。

2、群れから外れる

当時20歳だった私は大学で群れることに違和感を感じていました。
もともと自分は大学のみんなよりレベルが低いことを理解していたので
その子たちと遊んでいたらもっと自分のレベルが低くなる。

それに、周りはお金持ちだけど自分はどちらかというと貧乏の枠に入る。
どこか行こうとかショッピングに誘われてもお金がなくて何も買えなかったんです。
特に用もないのに外に出て、時間だけを無駄にしてるようにも感じていました。

それからは会う人を選ぶようになりました。
ネットワークビジネスが流行っていたこともあり、
群れて同じビジネスをしたり
見栄を貼って無理にお金を持ってるフリも私は理解できず
大学という群れから徐々に距離を置いていきました。

3、自分メディアを作る

21歳で自分メディアを極めることに専念しました。
自分メディアとは商材や自分を知ってもらうためのきっかけ作りです。
それに必要なのは

  1. 分析
  2. 自分メディアを作る
  3. SNSを知る
  4. SNSの活用に取り組む

この4つが最低限必要です。

これらを行って来た結果私は、

  • ツイッターは200人12000人を超え
  • インスタは0人が4000人を超え
  • 予約用ライン@も0人2000人を超え

までフォロワー数も上がり、お客様も月2、3人だったのが月70人~80人になりました。
これは先日、SNSでの売り方という記事でご紹介して反響が大きかった記事です。

4、戦略をたてた挑戦する

よく何かしたいときはたくさん挑戦しなさいって言いますよね。
でも、私がいいたいのは挑戦も「次に繋がる挑戦」をすることです。

何を言いたいのかというと、なんでもかんでも挑戦するのは数打ちゃ当たるかもしれませんが
統計が取れず次の参考になりません。
何かに一歩足を踏み入れる時には、まずは分析して必ずこれは失敗しても次に繋がるという確信がある状態で挑みます。
行動力があって挑戦型のひとに多いのは
やるべきことが目の前にあるのに新しいことに目がくらんで動いちゃうこと。
結果的に全てうまくいかず負担になって全てめんどくさくなるから。(私←)

そして一度踏み入れた挑戦は必ずやりきりましょう。

5、他者と他社のマネタイズとマインドを知る

他者・・・目指すフリーランス
他社・・・目指す企業

について一通りHPやブログ、SNS、Youtube、書籍を調べる。
22歳でブログやHPに力をいれるようになっていきました。
私が参考にしてきた人たちをご紹介します。

1人目>>るってぃ

プロ無職

私は個人的に経営戦略やマーケティングが好きな分野なのですが、
るってぃさんの経営戦略とブランディングがすごく好きです。
誰もまねできない新しい働き方を実践されているのですごく勉強になります。

信頼や人間関係がそのままマネタイズになっていて、
WEBで稼ぐブログ力とリアルで巻き込むあの人間力には圧倒されます。

実際わたしはるってぃさんにブログのコンサルをしてもらっていたことがあるので
SEOなどの基礎や構成はるってぃさんから学びました。

ちなみにわたしもるってぃさんのブログにちょこっと記事として出てますw
>>2週間で消えるヘナタトゥーとは?プロに直接聞いてみた!

2人目>>あんちゃ

まじまじぱーてぃー

実はブログの記事の作り方などはあんちゃさんをまねして作っていました。
あんちゃさんのマインドが私は好きで悩んだときはよくみています。
それ以外にもらぶりりーすという恋愛メディアもディープで他になく大好きです。

あんちゃさんは、確実に足場を固めて動くイメージ。
こつこつ努力してきた積み重ねがすごく伝わります。
ヤるサロンというオンラインサロンにも参加させていただき、
お世話になっております。

3人目>>宮本佳実

好きなことを好きな時に好きな場所で好きなだけ♡

宮本さんは、はじめ書籍から入ってなんと語尾に「♡」が多いんだ・・・
となかなか引き気味で読んで見たのですが、これがなかなかはまってしまいw

なにがいいって、好みと考え方が全く同じでびっくりしたんです。
女性としての仕事の仕方やすべてのものにこだわりがあるところ。
好きな色や系統のもの、読む本や行きたい場所、ボールペンまでw

運命的すぎてぶろぐはよくみています。
WEBのスキルというよりかはブランディングと企画力が勉強になります。
まずは本を見てみるのがおすすめ。

4人目>>本田晃一

世界一ゆる〜い 幸せの帝王学

本田さんも、本からはいってお金に対するマインドを学んでいます。
Youtubeの講座もおもしろく、かなり見漁っていました。

ビジネスに対する考え方が一瞬にして変わります。

5人目>>Chris

クリスの部屋

「好きなことで生きる」に特化したYoutubeで論理的かつパッションがあるので
元気が出るし頑張ろう!ってなります。
これもマインドになりますがおすすめです。

それ以外にも、

キングコングの西野さん

ほりえもんさん

心屋仁之助さんなども見漁っています。

6、外の世界「海外」に行く

私は、旅好きということから海外が大好きです。
ご紹介した目指している人たちもみんな海外にいったことあるひとばかり。
いろんな人に影響されて22歳の12月〜6月まで海外に毎月通っていました。

海外に出ることで、
日本という小さい場所でのビジネスがより小さく見えて
これから目指す範囲が広くなります。

あとは、海外にいくとひらめきや行動力が増します。
普段つかっている頭を休めて新しいインスピレーションを海外からもらうのは
とっても大切なことだと思います。

7、コラボ力を高める

23歳で同世代ではあまりしていないことを決めました。
私は、自分の小ささやもともとの能力がどれくらいあるかを理解しています。
だからこそ、自分の力だけでは動かせれないものがあることも知っています。

ビジネスで大切なのは

  1. 個人力
  2. 乗っかる力
  3. 巻き込む力
  4. コラボ力
  5. 奉仕力

だと私は思っています。
1つずつ説明すると、

  1. 個人力・・・個人の能力で、全部一人でする
  2. 乗っかる力・・・他力にまかせる
  3. 巻き込む力・・・仲間をつくって大きな力を作る
  4. コラボ力・・・他力で個人力を高め、大きな力を作る
  5. 奉仕力・・・応援する(スポンサーのような役割)

私はこれに気づいてから、企業やインフルエンサーとコラボするようになりました。
これには、実績作りやコネクションなどが必要になるので
あえてそれを作る期間を設けました。

▼下記が私の実績です。

  • ボディーアートで魅せる/京都新聞一面掲載
  • FMラジオ出演
  • 経済産業省のビジネスコンテストLED関西ファイナリスト受賞
    サポーター賞:CCC、SMBC日興証券、Makuake、近畿大阪銀行、Glad Cube、Future Venture Capital
  • クラウドファウンディング113万円達成(達成率379%、サポーター人数107人)
  • Youtuber、インフルエンサーなどに施術
  • 関西テレビ出演
  • SNSフォロワー数13000人

個人力が高すぎるのも実はあまりよくないと私は思っています。
個人力が高すぎる人は、乗っかられる側になるからです。
これが難しくて、それなりに人に頼ったり任せられる人の方がコラボする力が高い場合もあります。

8、流行りを探る

私は仕事柄、女子高生や大学生がお客様のほとんどです。
流行りを作るのは、彼・彼女たちなので最近流行っているアプリやゲーム、話題性のあるものをできるだけ早く仕入れています。

そうすることで、次の戦略を考えることができます。
1つの例でいいうと、
数年前まではツイッターが全盛期でツイッターのみの集客だったのですが
現在はインスタですよね。

このように、インスタにすぐ移行したことで検索されやすく、
実績作りをする期間を作れます。
ちなみに今はインスタのストーリーをみてくるお客様も増えました。

9、変化を恐れない

継続することは大切なことです。
でもそれだけでは流行りや時代に乗り遅れます。

「時代とともに変化する」

考え方も思いも商材も、
「変わることが今の時代は変わらないこと。」
私も今まではジャグアアートの施術だけでしただ、
スクールや検定、商品作り、イベント公演など変わりつつあります。

新しいくアップデート、更新して行くイメージで仕事をするのが現代の働き方かな〜と思いますね。ちなみに私は住む家もアップデートされて5年で5回引っ越ししてますw

10、選択を徹底的にこだわる

私は、友達とご飯行くとか誰かとプライベートで会う場合などは人に合わせることが多いのですが、仕事に関するもののこだわりに関してはびびるぐらいうるさいです。w
これは19歳から23歳の今までこだわり続けてきたからです。

服は自分のブランディングになるので上の服は白とピンク以外は仕事で着ません。
私の仕事柄、タトゥーとイメージつけれれることが多く、
黒系の怖い格好のごりごりでいくと「怖い人」「話しかけづらい人」になるので
できるだけ女子らしい服やスカートにしていました。
かつ、どこにいくときも悩まないようにキャリーバックにいれれる1週間分の服のみです。
靴はスニーカー一足、パンプス1足です。

化粧

薄めで派手にしない。眉毛がないとかつけまつげでばさばさとかもブランディング似合わないのでしません。
できるだけ、ありのままの自分でいれるように髪の毛も黒か茶色にしています。
(今は髪を切ってショートですw)

 

 

ネイル

派手なものではなくシンプルかきれいめ。お客さんに手元をみられるのでケアはかかせません。ネイルをしていない休憩中のときでも、爪は磨いてもらって綺麗に整えます。

持ち物

基本的には持たない派。仕事で最低限のものだけです。

ちなみに全部ピンクです。w

▼ボールペン

 

パソコン

 

▼イヤホン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY(ソニー) MDR-EX155PI(ピンク) カナル型イヤホン(イヤフォン)
価格:2120円(税込、送料別) (2018/3/30時点)

 

▼ケータイ

 

スケジュール帳、メモ帳もピンクです。w
普段は夜はこんなかんじでベットでぐーたらしてます。笑

プライベート

おうちでもこだわり強すぎてひかれます。w
徹底してますね。

私にとって選択をこだわることは、人生にこだわることと同じです。
1つ1つの選択にこだわることで必ず理想に近づくと信じています。

バイトからフリーランス、社長になるためにやった10のことまとめ

簡単にまとめると、

  1. 覚悟する
  2. 群れない
  3. 自分メディアを作る
  4. 戦略を立てた挑戦をする
  5. 他者から学ぶ
  6. 海外に行く
  7. コラボ力をつける
  8. 流行りに敏感になる
  9. 変化を恐れない
  10. 選択にこだわる

です。この10のことをこなせば3年で法人化も夢じゃない。
自分の仕事や人生に本気になる時間をぜひつくってほしい。

「好きなことで生きる」「好きなことで働く」ことは、
次世代の常識になりつつある。

あなたの可能性の爆発はこれからだ!!

この記事を今すぐシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です